スノーボードシェアリングサービス「eFiT-B」スタート

スノーボードシェアリングサービス「eFiT-B」(合同会社LIC)は、クラウドファンディング「Fanatics」(株式会社DAEG)にて目標を達成し12月25日よりサービスを開始した。


スノーボードシェアリングサービスが今シーズン12月25日からサービス開始致しました。

スノーボードシェアリング「eFiT-B」とは

月額制、定額制で最新の高額ブランドスノーボードを長期レンタル、試乗が可能
期間内であれば、常にメンテナンスされたスノーボードを何回でも交換することが可能であり
新しいスノーボードのレンタルサービスになります。

スノーボードを買う、または当日のみレンタルするという今までの概念から離れ
長期間、最新のスノーボードをレンタルするという新しい選択肢をお客様に持って頂き、
ゲレンデ活性化の一旦を担って参りたいと思っております。

スノーボード復帰層へのキッカケであったり、
雪質や、滑走ステージに合わせた形状のスノーボードを試乗する機会の創出、
購入判断材料にしたい方へ向けたサービスになります。

今回、サービス充実を目指しクラウドファンディングを活用致しました。
結果、101% 支援金額1,519,000円にて見事達成となりました。

今後は追加のスノーボードがまだまだ見込まれており、
室内ゲレンデSNOVA新横浜のテストセンター化、キャットツアー、初心者向けのBCツアー、雪山に強いカーシェアリング、ゲストハウスやゲレンデとの提携、などのコンテンツも1月中旬を目処に充実させていていく予定です。

月額プランの他に、お試し3日間プラン、7日間プランもご用意しております。

ご利用ページ http://efitb.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です